FC2ブログ

山口順子詩集「紅いろの贄」出来ました!

山口順子さんの処女詩集「紅いろの贄」の装訂を担当させて頂きました。
山口さんとは詩と文学と歴史の勉強会をしていた時からの仲で、萩原朔太郎研究会でも一緒に仕事をしてきました。作品もずっと読んできたのでこうして詩集制作に関われたことを本当に嬉しく思っています。

作品は山口さんらしい感性が研ぎ澄まされた詩が選ばれて載せられているので、ぜひ多くの人に手に取って頂けたらと思います。

・・・・・・・・・・・

著者:山口順子(やまぐちじゅんこ)
書名:「紅いろの贄」」(べにいろのにえ) 
発行:書肆山住(しょしやまずみ)
定価:¥1800+税
ISBN-978-4-909144-38-6
(書店で注文される際は上記をお伝えください)

・・・・・・・・・・・

IMG_5249.jpg
カバーはベリーピンクのトレーシングペーパーです。
表紙の木の枝が透けて紅いろの花が満開をイメージ。

IMG_5245.jpg
題字は書家の日賀野琢(「琢」は本来は旧字)氏にお願いいたしました。
イメージぴったりの書をありがとうございます。
写真は浅見が撮影しています。以前山口さんが「木の枝を見上げてみると毛細血管が広がっているように見える」と言っていたのが強烈に記憶に焼きついているので、それを再現したいと思いました。

IMG_5246.jpg
製本はなんと!wパターン!とフラットに開くコデックス装です^^

IMG_5247.jpg
もちろん綴じ糸は赤です!^^



11月22日(日)の文学フリマ東京でも販売します。お楽しみに!
関連記事
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ